美容皮膚科で綺麗になれる整形メニュー

美容皮膚科で赤ら顔の治療

皮膚科治療

赤ら顔は毛細血管が拡張したことにより顔が常に赤くなってしまっている状態であり、この状態ですとメイクののりが悪く、化粧でも赤みが隠せないことがあります。

そのための化粧品は市販されていますが、原因や対処方法は多種多様であり、肌を強くこすったことによる外因性のものや、体質、生育環境などがあります。できれば自己ケアを行うと、逆に悪化する恐れがあり、できれば美容皮膚科などの専門医に診てもらうことをお勧めします。ここでは美容皮膚科が行っている主な整形メニューについて紹介します。

〇機器を使用する方法

光やレーザーを照射する治療を行います。フォトフェイシャルや特殊なビームを充てる方法で、これによりシミ・そばかすを薄くしたり、肌のトーンを明るくします。また毛細血管に働きかけて、赤い色素に吸収させて、色調を変化させます。

〇注射や点滴を使う方法

主に美白効果に優れた美容成分を体内に取り入れる治療を行います。例えばプラセンタなどがあります。複数の美容成分を複合したメニューも用意されていて、複数の症状に対処することができます。

以上となりますが、実際に行われる施術はカウンセリングを受けて原因を突き止めたあとに行われます。早期の解決を目指す場合はぜひ美容皮膚科に行きましょう。