美容皮膚科で綺麗になれる整形メニュー

美容皮膚科で肝斑を治療

美容皮膚科

肝斑は40代の女性に好発する左右対称の肝臓の色に似た茶褐色のシミですが、原因はよく分かっていません。ストレスや女性ホルモンが関与していると考えられますが、根本的な原因が不明なため治療方法も確立しているとはいえません。

美容皮膚科では、医院によって治療内容はさまざまですが、シミやあざなどを対象とした整形メニューの一環として、肝斑の治療を行なっているところがあります。一般にシミなどに用いられるレーザーは出力が高すぎて、かえって肝斑の色が濃くなるおそれがあります。トラネキサム酸もよく用いられる治療法ですが、現状を維持するだけで色を薄く効果はありません。

またビタミンA誘導体のトレチノインも効果がありますが、肌の赤みが増すなどの難点があります。一つの方法として、トラネキサム酸を使用して、悪化を防ぎながら出力の低いYAGレーザーを使用してメラニンを少しずつ破壊することで色を薄くする方法が用いられます。

その他の方法としてメラニンの合成を抑制するハイドロキノンを使用したり、リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加したAPPS(アプレシエ)を使用する美容皮膚科もあります。このように色々な方法があるため、個々の患者の状態に応じて適切な治療方法を組み合わせてくれる美容皮膚科を選ぶことが重要です。